代襲相続とは?

親が亡くなった時、子がすでに亡くなっていたら?

1. 代襲相続、再代襲相続とは?

例えば、親(被相続人)が亡くなると、子が相続人になりますが、その子が親(被相続人)よりも先に亡くなっていた場合どうなるのでしょうか?

その場合、その相続人に子がいれば、つまり被相続人からみて孫がいれば、孫が相続人になります。

これを『代襲』と言います。

ちなみに、孫もすでに亡くなっていた場合、その孫に子がいれば、つまり被相続人からみて曾孫が相続人になります。

こういう形で、どこまでも下の代まで代襲していくということになります。

これを『再代襲』と言います。

この代襲の制度は民法に定められています。

民法 第887条 

被相続人の子は、相続人となる。

相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。

上記が代襲を定めた条文です。

前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

上記が再代襲を定めた条文です。

2. 相続欠格、廃除、相続放棄の代襲相続は?

先ほどの条文を詳しく見ると、2項で

『又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。』

とあります。

民法第891条は『相続欠格』を定めた条文です。

つまり、相続欠格事由に該当している場合相続人として廃除された本人は相続できませんが、その子は代襲相続することが出来るという事です。

では、どういう場合に相続欠格事由に当たるのか、民法第891条を載せておきます。

民法

第891条  (相続人の欠格事由)

次に掲げる者は、相続人となることができない。

故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。
詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者
詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者
相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

そして、以下が相続人の廃除に関する民法の条文です。

第892条(推定相続人の廃除)
 遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者をいう。以下同じ。)が、被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。

第893条(遺言による推定相続人の廃除)

被相続人が遺言で推定相続人を廃除する意思を表示したときは、遺言執行者は、その遺言が効力を生じた後、遅滞なく、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければならない。この場合において、その推定相続人の廃除は、被相続人の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。

ちなみに、相続放棄をした相続人は、

『初めから相続人でなかったもの』

とみなされるので、その子は代襲相続することはできません。

相続欠格、廃除相続放棄は混同してしまうかもしれませんので、お気を付けください。

3.養子の子は代襲相続できる?

では、もう一度、民法第887条を詳しく見てみましょう。

相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。

ここで、『ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない』とあります。

では、養子の子は代襲できるのでしょうか?

結論から言って、養子縁組養子の子の出生の時期によって変わります。

以下にまとめます。

養子の子が養子縁組の前に生まれていた場合

直系卑属にあたらない

『代襲できない』

養子の子が養子縁組の後に生まれた場合

直系卑属にあたる

『代襲できる』

4. 甥、姪の子は再代襲できる?

再代襲の制度は先ほどみたように、相続人が子の場合、その子が被相続人より先に亡くなっていたら、、孫が亡くなっていたら、曾孫とどこまでも下に行く形になります。

しかし、被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合はそうはなりません。

こちらも結論から言って、

被相続人より先に兄弟姉妹が亡くなっていた場合

 

兄弟姉妹の子(甥、姪)は代襲できる。

甥、姪がすでに亡くなっていた場合

甥、姪の子は再代襲できない

この根拠条文は以下になります。

第889条 

次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。

被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
被相続人の兄弟姉妹

第887条第2項の規定は、前項第2号の場合について準用する。

注目するのは第887条第2項の規定は、前項第2号の場合について準用する』の部分です。

簡単に言うと、

第887条第2項(代襲)の規定は準用する

とありますが、

第887条第3項(再代襲)の規定はここに書かれていないので、

『兄弟姉妹の場合は再代襲はない』

という解釈になります。

つまり、『甥、姪の子は再代襲できない』ということです。

5. 被相続人の父母が亡くなっていて、祖父母が健在の場合

最後に代襲とは違いますが、被相続人の父母はすでに他界しているけども、祖父母のどちらか一方でも健在の場合は、その祖父母が相続人になります。

もっと言うと、父母、祖父母が他界しているけども、曾祖父母のどちらか一方が健在の場合はその曾祖父母が相続人になるというように、どこまでも上に上がっていきます。

以上、代襲制度をみてみました。

最後までご覧頂きまして有難うございます。

************************************

遺産相続手続きの代行・遺言作成・終活のご相談はお任せ下さい。

埼玉県にある『まさ木行政書士事務所』です。

遺産相続手続き・遺言作成・終活のご相談を承ります。

大事な方がお亡くなりになった後で始まる相続手続きは、時間的にも精神的にも大変な事が多いと思います。

  • 相続手続方法が分からない
  • 一体、何から始めれば良いのか?
  • 遺産分割協議書作成したい
  • 相続手続お任せしたい

また、終活に関しての、

  • 遺言作成したい
  • 遺言ルールが知りたい
  • エンディングノート作成したい

と言ったご相談など、丁寧にお話をしながら、しっかりとサポートさせて頂きます。

相続手続き・遺言作成・終活相談パートナーをお探しの時は、

『とても話しやすい行政書士』がモットーの当事務所までご連絡下さい。

まさ木行政書士事務所

携帯電話

※携帯電話の方がつながりやすいです。

tel:090-8082-3236

電話番号

tel:048-677-8777(Fax兼)

メール

info@office-masaki.com