時効取得について

先日、時効取得についての質問がありました。

時効取得とは、

『○○年間、ある物を自分の物だという意識を持って占有していれば、その人の所有物になる』というものです。

じゃあ、何年間で時効取得できるのでしょうか?

ちなみに民法の条文はこうなっています。

第162条
  1. 20年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。
  2. 10年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。

1項と2項で10年、20年と期間が違います。

その違いは、『その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかった』かどうかです。

つまり、その物を占有し始めた時に、

『これは、本当は○○さんの物なんだよな~』と知っていた(悪意)か、

もしくは、知らなかった(善意)ことに過失があれば、20年間は占有しないと時効取得は出来ません。

そうでなくて、

『これは、自分の物だな』と何の疑いもなく占有を始めた場合は、10年で時効取得出来る形になります。

前後しますが、『善意』とは『知らない』という意味です。

逆に『悪意』とは『知っている』という意味になります。

あとは、

『本当に知らなかったの~?』

とか、

『所有の意思があったの~?』

などが問題になる訳です。

ちなみに、取得できる物とは、不動産も動産も含みます。

ちょっとした説明ですが、ご参考になれば。

ではでは。

************************************

遺産相続手続きの代行・遺言作成・終活のご相談はお任せ下さい。

埼玉県にある『まさ木行政書士事務所』です。

遺産相続手続き・遺言作成・終活のご相談を承ります。

大事な方がお亡くなりになった後で始まる相続手続きは、時間的にも精神的にも大変な事が多いと思います。

  • 相続手続方法が分からない
  • 一体、何から始めれば良いのか?
  • 遺産分割協議書作成したい
  • 相続手続お任せしたい

また、終活に関しての、

  • 遺言作成したい
  • 遺言ルールが知りたい
  • エンディングノート作成したい

と言ったご相談など、丁寧にお話をしながら、しっかりとサポートさせて頂きます。

相続手続き・遺言作成・終活相談パートナーをお探しの時は、

『とても話しやすい行政書士』がモットーの当事務所までご連絡下さい。

まさ木行政書士事務所

携帯電話

※携帯電話の方がつながりやすいです。

tel:090-8082-3236

電話番号

tel:048-677-8777(Fax兼)

メール

info@office-masaki.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です