相続開始、何をいつまでに?

相続が開始したら何をする?

相続の開始民法で次のように定められています。

民法第882条

相続は、死亡によって開始する。

その後の手続きで、例えば相続放棄などに関しては、

『自己のために相続が開始したことを知った時から……』

と言うように『知った時から』という条件がつきますが、相続の開始そのものは、

『死亡によって開始する』

ということになります。

ここでは、相続が開始してから行わなければならないことを記載します。

①7日以内 

②14日以内

  • 世帯主の変更届
  • 住民票の抹消届 ※通常は死亡届と同時に抹消
  • 健康保険資格喪失証明書

③3ヶ月以内   

④4ヶ月以内

  • 被相続人の準確定申告

※被相続人の所得税の申告です。

国税庁のホームページをご参考にご覧ください。

⑤10ヶ月以内

  • 相続税の申告・納付

国税庁のホームページをご参考にご覧ください。

この他にも相続の状況によって必要となる事項は出てくると思いますが、基本的にはこのような流れになります。

そして、実際にはこの間に以下のことをしていく必要があります。

相続財産が分からないと、3ヶ月以内に申請しないといけない相続放棄限定承認も検討できません。

また、遺産分割協議が出来ていないと、10ヶ月以内にしないといけない相続税の申告もできません。

そして、そもそも遺言がみつかれば、遺産分割協議をやり直す必要が出てきます。

基本的に相続の開始は突然起こるものです。

実際に相続が開始すると、あっという間に時間が過ぎて行ってしまいます。

最近ではご自身の身に何かがあった時のために『終活』をされる方が増えてきています。

一方で相続人になる可能性がある方々が相続手続き自体の知識を入れておくのも大切なことになってくるのではないかと思います。

最後までご覧頂き有難うございます。

************************************

遺産相続手続きの代行・遺言作成・終活のご相談はお任せ下さい。

埼玉県にある『まさ木行政書士事務所』です。

遺産相続手続き・遺言作成・終活のご相談を承ります。

大事な方がお亡くなりになった後で始まる相続手続きは、時間的にも精神的にも大変な事が多いと思います。

  • 相続手続方法が分からない
  • 一体、何から始めれば良いのか?
  • 遺産分割協議書作成したい
  • 相続手続お任せしたい

また、終活に関しての、

  • 遺言作成したい
  • 遺言ルールが知りたい
  • エンディングノート作成したい

と言ったご相談など、丁寧にお話をしながら、しっかりとサポートさせて頂きます。

相続手続き・遺言作成・終活相談パートナーをお探しの時は、

『とても話しやすい行政書士』がモットーの当事務所までご連絡下さい。

まさ木行政書士事務所

携帯電話

※携帯電話の方がつながりやすいです。

tel:090-8082-3236

電話番号

tel:048-677-8777(Fax兼)

メール

info@office-masaki.com