親等とは?

親等の数え方

1. 親等の数え方は難しい?

『6親等内の血族と3親等内の姻族』

という言葉は目にすることが多いかと思います。

市役所などに提出する書類があって、その書き方を見た時などですかね。

これは、法律上の親族を表しています。

厳密にいうと、法律上の親族

配偶者『6親等内の血族と3親等内の姻族』です。

でも、6親等って言われても、実際に数えたりはせずに、

『6親等なら含まれているだろう』

と解釈している方も多いかと思います。

昔の私がそうでしたから……(笑)

では、実際に数えてみると難しいのでしょうか?

実はポイントが分かればそんなことはないです。

よく、インターネットで調べると、分かりやすい図解があるかと思いますが、もし親等を数えないといけない時があったら、図解なしでも数えることができた方が良いですよね。

というわけで、親等を数えるポイントをお伝えします。

2. 親等を数えるポイントは上がるか下がるか

いきなりですが、数えてみましょう。

まず、は?

1親等ですね。

では、子供は?

こちらも1親等です。

これを、親、祖父母と数えるときは

『上がる』とイメージして下さい。

そして、子供、孫と数えるときは

『下がる』とイメージして下さい。

そして、『上がる』も『下がる』も一つ数えるごとに親等が一つ増えるとイメージしてください。

では、ルールをまとめます。

  1. 親、祖父母と数えるときは『上がる』とイメージする。
  2. 子供、孫と数えるときは『下がる』とイメージする。
  3. 一つ数えるごとに親等が一つ増える。
  4. 自分からみて、数えたい人まで血縁をたどる。

これが、数えるルールです。

3. 実際に数えていきます。

自分からみて祖父母は?

『親、祖父母』

2回上がっていますから、2親等です。

では、自分からみては?

『子供、孫』

2回下がっていますから、こちらも2親等です。

では、ちょっと応用編です。

自分からみて兄弟は?

  1. 『親』に上がる
  2. 『親の子』と下がる

ですので、2親等になります。

では、もっと応用編です。

自分からみて叔父さん

  1. 『親』に上がる
  2. 『祖父母』に上がる
  3. 『祖父母の子』と下がる

ですので、3親等になります。

となると、自分からみて従兄弟は?

  1. 『親』に上がる
  2. 『祖父母』に上がる
  3. 『祖父母の子(叔父)』と下がる
  4. 『叔父の子』と下がる

というわけで4親等です。

どうでしょう?一つずつ、血縁を『上がる』か『下がる』かでイメージしながら、数えると簡単ではないでしょうか?また、こう見ると、6親等って結構広いですよね~。

ちなみに、『姻族』とは『配偶者の血族』のことです。

数え方は同じく『上がる』『下がる』かです。

配偶者に親等は当てはまらないので、強いて言えば0親等というイメージです。

ですので、義父

  1. 『配偶者』から一つ上がる

ので1親等です。あとは、同じように数えてみて下さい。

では、いつか親等を数える時がきたらご参考にして頂ければと思います。

最後までご覧頂き有難うございます。

************************************

遺産相続手続きの代行・遺言作成・終活のご相談はお任せ下さい。

埼玉県にある『まさ木行政書士事務所』です。

遺産相続手続き・遺言作成・終活のご相談を承ります。

大事な方がお亡くなりになった後で始まる相続手続きは、時間的にも精神的にも大変な事が多いと思います。

  • 相続手続方法が分からない
  • 一体、何から始めれば良いのか?
  • 遺産分割協議書作成したい
  • 相続手続お任せしたい

また、終活に関しての、

  • 遺言作成したい
  • 遺言ルールが知りたい
  • エンディングノート作成したい

と言ったご相談など、丁寧にお話をしながら、しっかりとサポートさせて頂きます。

相続手続き・遺言作成・終活相談パートナーをお探しの時は、

『とても話しやすい行政書士』がモットーの当事務所までご連絡下さい。

まさ木行政書士事務所

携帯電話

※携帯電話の方がつながりやすいです。

tel:090-8082-3236

電話番号

tel:048-677-8777(Fax兼)

メール

info@office-masaki.com