遺産分割協議書

相続が開始した時、被相続人(お亡くなりになった方)の遺産として

  • 預金が残されていた。
  • 土地と建物があった。

などと、色んなことが考えられます。

では、その遺産相続人はどのように分ければ良いのでしょうか?

基本的には以下の3つの方法で、相続財産は分割します。

  1. 遺言
  2. 法定相続
  3. 遺産分割協議

まずは遺言です。

もし、被相続人遺言を残していれば、遺言の内容が優先されます。

被相続人の意思が優先される形となります。

では、遺言がなければどうしたら良いのでしょう?

『いきなり遺産を分けろと言われても、どう分けたら……』

と困ってしまうと思います。

そこで、法律によって定められたルールに従って分けるのが法定相続です。

詳しくは法定相続のページをご覧ください。

でも、相続人全員が『法定相続で分割しよう』と合意していれば別ですが、

実際のところ遺産を分割する時には、考えることが沢山出てくると思います。

『建物は今も住んでいる妹が相続して、預金は姉が相続したい』

『兄は被相続人と同居して晩年の生活を支えていたので、兄の配分を多くしたい』

などなどです。

そんな時に行うのが『遺産分割協議』であって、その協議で合意した内容を書面にまとめたものが、

『遺産分割協議書』

となります。

ここまでみてくると、

『遺産分割協議書は必ず作成する』

というものでもなさそうだと分かると思います。

実務上では、不動産の名義変更の時の添付書類には遺産分割協議書が必要にはなることが多いかと思います。

預金などの解約手続きでは、各銀行の所定の用紙に相続人全員の署名捺印をして、全員が合意していることを証明する形で、遺産分割協議書が必要でない場合もあります。

このように、遺産分割協議書

  • 遺言がない
  • 法定相続ではない分割をしたい

場合に、『相続人全員で協議した内容を相続人全員が同意している』ということを証明した書面ですので、

『遺産分割協議書は相続手続きをする時に必ず作成するというわけではない』のです。

もし、実際に作成した方が良いのかどうかで、迷われた時はお気軽にご相談ください。

では、次に遺産分割協議書の書き方を説明します。

遺産分割協議書の書き方のページへ

************************************

遺産相続手続きの代行・遺言作成・終活のご相談はお任せ下さい。

埼玉県にある『まさ木行政書士事務所』です。

遺産相続手続き・遺言作成・終活のご相談を承ります。

大事な方がお亡くなりになった後で始まる相続手続きは、時間的にも精神的にも大変な事が多いと思います。

  • 相続手続方法が分からない
  • 一体、何から始めれば良いのか?
  • 遺産分割協議書作成したい
  • 相続手続お任せしたい

また、終活に関しての、

  • 遺言作成したい
  • 遺言ルールが知りたい
  • エンディングノート作成したい

と言ったご相談など、丁寧にお話をしながら、しっかりとサポートさせて頂きます。

相続手続き・遺言作成・終活相談パートナーをお探しの時は、

『とても話しやすい行政書士』がモットーの当事務所までご連絡下さい。

まさ木行政書士事務所

携帯電話

※携帯電話の方がつながりやすいです。

tel:090-8082-3236

電話番号

tel:048-677-8777(Fax兼)

メール

info@office-masaki.com